お問い合わせ

環境・エネルギー | Page2

HOME>技術情報一覧>環境・エネルギー>環境・エネルギー | Page2

千葉大学

比較的低温で再生可能な二酸化炭素吸収材

室温付近で水蒸気が共存しても邪魔されずに選択的にCO2を吸収でき、かつ、材料の再生温度が低い(従来200℃、目標100℃以下)安価なCO2吸収材。

研究者:大学院理学研究科 加納 博文 教授

キーワード:工場排気やビル空調における二酸化炭素(CO2)吸収(除去)材、化学的CO2固定材、CO2運搬用材料、CO2 ケミカルヒートポンプ

技術資料

千葉大学

ナノ結晶性セラミックスの合成

コンデンサは、スマホ等の半導体基板に多数使われており、その大きさはイチゴの種よりも小さい。それでも更に小型化が求められており、それに伴い誘電体層の薄化、誘電体(例:チタン酸バリウム)粒子の微小化が求められている。本研究の狙いは、機能を保持したままの微小化にある。

研究者:大学院理学研究科 大場 友則 准教授

キーワード:セラミック、チタン酸バリウム、誘電体材料、誘電体層、電極層、積層セラミックコンデンサ、原料セラミック微粒子、圧電素子、PCTサーミスタ(温度上昇に対して抵抗が増大)、光学用樹脂改質材

技術資料

千葉大学

ヨウ素-ポリビニルアルコール(PVA)錯体画像の光形成

1.これまでにはない光照射部分が発色するPVA-ヨウ素錯体フィルムを実現。
2.簡便な画像形成プロセス。

研究者:大学院融合科学研究科 高原 茂 教授

キーワード:マーキング記録フィルム

技術資料

千葉大学

透明・黒・ミラー及び多色状態を可能にする調光素子

1.エレクトロクロミック素子として、透明/黒状態/鏡面(ミラー)/赤/青/黄色)以上の発現が可能。
2.溶液塗布型で容易、安価に製造できる。

研究者:大学院融合科学研究科 小林 範久 教授

キーワード:スマートウインドウ、デジタルサイネージ、防眩ミラー、電子ペーパー、携帯端末アプリ

技術資料

千葉大学

金属を使わない金属調光沢膜作成技術

従来、金属光沢を実現するためには金属フレークを混合して実現していた。そのため、重い、材料を常に攪拌する必要がある、腐食反応が起きる、などの問題点があった。本技術は有機材料のため、軽く、腐食反応がなく、金属光沢塗膜形成が容易である。金属成分を全く含まないため、撹拌する必要がなく、塗膜の重量も金属フレークを使った従来品の8分の1程度と軽量である。

研究者:大学院融合科学研究科 星野 勝義 教授

キーワード:金属光沢印刷、金属光沢紙、自動車塗装、金属光沢金券、セキュリティカード

技術資料

千葉大学

反射・発光表示可能なデュアルモードディスプレイの研究

1.明所では反射型、暗所では発光型の表示を可能とする新規表示デバイス。
2.溶液塗布型で容易、安価に製造できる。

研究者:大学院融合科学研究科 中村 一希 准教授

キーワード:電子ペーパー、デジタルサイネージ、携帯端末アプリ

技術資料

千葉大学

触媒の未来を切り開く絶え間のない挑戦

1.高効率な触媒の提供
2.高収率な触媒の提供
3.副生成物の少ない高純度な触媒の提供

研究者:大学院工学研究科 佐藤 智司 教授

キーワード:各種工業製品用触媒

技術資料

千葉大学

熱電変換材料及びその製造方法

新エネルギーの利用法の一つとして熱と電力を相互に変換できる材料熱電変換材料は、一部実用化されているものの、低融点であり、BiやTe等希少・有害な元素が使用されている。本技術は、より高温で使用できる高性能熱電変換材料とその製造方法を提供する。本技術の電変換材料は、Ti1-xCrxOz (0<x <0.5、0< z <0. 1 3) の組成からなることを特徴とする。

研究者:大学院工学研究科 魯 云 教授

キーワード:高効率電気材料の製造、エネルギー供給

技術資料

千葉大学

合成開口レーダーセンサを利用する環境・防災・インフラ監視技術

土砂崩れ、道路の陥没、橋梁等公共建設物の劣化等を一早く検知し、早急に修復することは安全面からも経費の節約の面からも重要である。本研究では人工衛星、航空機、無人航空機等に車載による探査と画像提供により、広範囲、高速的、効率的なデータ提供を行う。

研究者:環境リモートセンシング研究センター

キーワード:公共物の点検、インフラ整備、道路・路面の観測、ガスパイプの監視、高圧送電線鉄塔土台の変位観測等

技術資料

千葉大学

循環型社会の構築を目指した、廃棄物の有効利用・再資源化システム・環境浄化技術

21世紀に入り、エネルギー、水、食料、鉱物資源などの資源問題や人類の活動に伴う地球環境問題が重要な課題となっている。本研究では、循環型社会の構築を目指し、廃棄物の有効利用・再資源化システムや環境浄化技術の開発に取り組んでいる。

研究者:大学院工学研究科 和嶋 隆昌 准教授

キーワード:循環型社会の構築を目指した廃棄物の有効利用・再資源化システム、環境浄化システム

技術資料

茨城大学

多次元発電装置

発電コイルの中に、永久磁石を相対的に自在に移動できるように配置し、装置全体が多次元方向に振動あるいは搖動することによって発電する装置です。

研究者:工学部 機械工学科 田中 伸厚 教授

キーワード:永久磁石、多次元方向、発電装置

インフォグラフィックス

茨城大学

大気オゾン、窒素酸化物、炭素エアロゾルの測定

大気環境計測の精度向上・高度化、大気環境計測機器の開発にとりくんでいます。光分解コンバーターで、窒素酸化物測定精度や、ディーゼル排気などに含まれる炭素エアロゾル ( スス ) 濃度の測定精度が大幅に向上します。

研究者:理学部理学科 北 和之 教授

キーワード:大気環境 オゾン 窒素酸化物 炭素エアロゾル

技術資料

茨城大学

太陽電池用部分影補償器の研究

部分影発生状況下においても太陽電池から最大限のエネルギーを抽出可能な「部分影補償器」に関する研究です。影の発生頻度の高い太陽電池パネルに利用できます。

研究者:工学部電気電子工学科 鵜野 将年 准教授

キーワード:太陽電池 部分影 コンバータ 電力変換

技術資料

茨城大学

スィートソルガムを用いたバイオ燃料の生産に関する研究

遊休地や耕作放棄地を利用してスィートソルガムを栽培し、環境保全・修復をはかります。遊休地や耕作放棄地を利用してバイオ燃料を生産します。パルプ(紙)や固形燃料(ペレット)もつくれます。

研究者:農学部生物生産科学科 新田 洋司 教授

キーワード:スィートソルガム バイオ燃料

技術資料

茨城大学

熱と流体科学の研究:環境熱流体エネルギー工学研究室

本技術は、地球環境負荷を大幅に軽減させ、かつ人々の快適性を向上させるものです。サステイナブルかつ省エネルギーな快適空間の創造と、その感性評価に利用できます。

研究者:工学部機械工学科 稲垣 照美 教授

キーワード:伝熱 相変化蓄熱 熱・環境計測 熱物性 乱流

技術資料

北海道大学

農畜産施設のエネルギーマネジメントシステムの開発

農畜産業は環境問題、エネルギー問題、労働力不足等の問題点を抱えています。このような問題を、ICT の活用によって効率化・最適化する手法の開発や、多様な技術・ノウハウをデータ化・可視化するシステム工学的なアプローチで解決する研究に取り組んでいます。

研究者:情報科学研究科 特任助教 石川志保

キーワード:有機系廃棄物、再生可能エネルギー、バイオガス

技術資料

北海道大学

Gd2Si2O7系高性能シンチレータの開発とその応用

シンチレータは放射線が入射すると発光する物質で医療診断装置や石油探査用のγ線プローブとして使用されます。我々が開発しているGd2Si2O7(GPS)シンチレータは、高発光量、高エネルギー分解能、非潮解性等の優れた特長をもち、単結晶と5cm 角程度のセラミクスプレートが作れます。

研究者:工学研究院 准教授 金子純一

キーワード:α線計測、プルトニウム検出、γ線高温計測

技術資料

北海道大学

再生可能エネルギー発電の出力把握と出力変動対策

負荷電力(A)と再生可能エネルギー発電出力(B)とが混ざった電力潮流情報から、(A)と(B)を抽出する手法を開発しました。また(B)は天候に依存して大きく変動しますが、蓄電池を使って変動を抑制する制御手法と蓄電池容量評価手法を開発しました。

研究者:情報科学研究科 教授 北裕幸、准教授 原亮一

キーワード:再生可能エネルギー発電、発電出力推定、蓄電池

技術資料

北海道大学

流れと伝熱の数値シミュレーション

界面活性剤添加による乱流抵抗低減流れのモデル化とシミュレーションを行い、抵抗低減メカニズムを明らかにする。また、同時に伝熱解析を行って流動特性と伝熱特性を詳細に調べる。

研究者:工学研究院 准教授 黒田明慈

キーワード:流動抵抗低減、トムズ効果、乱流伝熱

技術資料

北海道大学

農業・食料残さからのエネルギー回収

各種スケールのリアクタによる連続メタン発酵実験を行い、効率的な共発酵条件を明らかにし、生ごみと紙ごみを原料としたエネルギーを回収する実証システムを構築しました。

研究者:北方生物圏フィールド科学センター 准教授 清水直人

キーワード:バイオマス、低炭素社会、バイオ生産プロセス

技術資料