お問い合わせ

loT・ロボット | Page2

HOME>技術情報一覧>loT・ロボット>loT・ロボット | Page2

千葉大学

電子ホログラフィによる3次元映像

三次元動画再生については膨大な情報量を処理しなければならないという課題がある。本技術では、最速のパソコンに比べて1、000倍高速な専用計算機システムの開発を行い、小さな像サイズながらも、リアルタイム(30フレーム/秒)の三次元動画像再生に成功した。

研究者:大学院工学研究科 伊藤 智義 教授

キーワード:三次元テレビ

技術資料

千葉大学

光渦発生装置及びこれに用いられる連続螺旋型位相版並びに光渦発生方法

テラヘルツ帯における光渦発生は、連続螺旋型位相板および広帯域テラヘルツ光源を用いて行う。特に、螺旋型位相板はテラヘルツ帯域および可視光帯域において透過性を有するポリマー樹脂によって構成されている。そのため、目には見えないテラヘルツ光もガイド光を同軸に入射することで非常に簡便に光渦の発生が可能となる。

研究者:大学院融合科学研究科 宮本 克彦 准教授

キーワード:光ピンセット、レーザー加工、超解像顕微分光

技術資料

千葉大学

光渦を用いたキラル・ナノニードルのデバイス展開

光渦を物質に照射すると、物質がナノスケールのキラルな螺旋構造体(キラル・ナノ構造体)に変形する世界初の現象を用いて、新規のキラルデバイスを創成します。

研究者:大学院融合科学研究科 尾松 孝茂 教授

キーワード:ナノ・スケール・螺旋構造体・ナノニードル・キラルデバイス

技術資料 インフォグラフィックス

千葉大学

円筒面でも折り曲げ面でも利用可能なAR(拡張現実)マーカ

従来は平面ARマーカしかなかったが、本技術では円筒面・折り曲げ面でも使えるので、缶や瓶にも使え、応用範囲が各段に広がった。

研究者:大学院融合科学研究科 眞鍋 佳嗣 教授

キーワード:AR

技術資料

千葉大学

驚異の微小プロジェクタへの挑戦ホログラフィックプロジェクタ

1.超小型(将来的には1cm以下を目指す)
2.小面積・省電力(スマートフォンへの実装も)

研究者:大学院工学研究科 下馬場 朋禄 准教授

キーワード:3次元ディスプレイ、超小型プロジェクタ

技術資料

千葉大学

ほとんどリアル!空中3次元投影装置

1.リアルに近い3次元像再生が可能
2.プロジェクタ不要
3.従来の本方式では難しかった動画像の再生可能
4.観察者の眼の負担が少ない(自然な立体画像)

研究者:大学院工学研究科 角江 崇 助教

キーワード:3次元立体像表示装置

技術資料

千葉大学

人間が周りをどう認識しているのかを研究しています

本研究は、探索歩行時の空間把握における中心視と周辺視の機能の解明を目的とする。ヘッドマウントディスプレイを改造することで視野の任意の部分を制限することのできる実験装置を開発し、装着時に生じる被験者の行動の変化を観察することで制限された視野の部分が本来担っていた役割を推察する。

研究者:大学院工学研究科 吉岡 陽介 助教

キーワード:眼球運動が計れるヘッドマウントディスプレイ、宣伝・広告効果計測機

技術資料

千葉大学

半導体集積回路の高精度遅延測定

半導体集積回路において、トランジスタと配線の加工のばらつきにより不良品が発生することがあり、不良品を発見するために遅延測定回路を設ける技術がある。本技術では、半導体集積回路の信号の伝播時間の遅延を高精度に測定することができ、不良製品を適切に見つけることができる。

研究者:大学院工学研究科 難波 一輝 准教授

キーワード:半導体集積回路、遅延、不良品

技術資料

千葉大学

ガラス内部における金属微粒子のレーザマニピュレーション

1.金属微粒子の量により透過量を調節可能。
2.ガラスと等の材料内に金属微粒子を任意に配置なのでオブジェ利用可。

研究者:大学院工学研究科 比田井 洋史 准教授

キーワード:ガラス加工、フォトニクスデバイス、複雑な構造の試作、レーザ加工

技術資料

千葉大学

記録装置を長寿命化する技術

データ消去回数の多いメモリパッケージへのデータ書き込みを避けることで、メモリの高効率利用・記録装置の長寿命化を実現した。

研究者:大学院工学研究科 北神 正人 准教授

キーワード:SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)、記録装置

技術資料

千葉大学

人間の演奏テンポに合わせて合奏可能な伴奏システムの開発

人間の演奏者のテンポに合わせて、リアルタイムで演奏テンポを変化させながら伴奏するので、従来はできなかった、人間らしい情緒豊かな演奏が可能になる。

研究者:大学院融合科学研究科 堀内 靖雄 准教授

キーワード:カラオケ・音楽教育機器、人間と合奏するシステム、音楽に合わせたインタラクティブシステム

技術資料

千葉大学

ホログラムデータ作成プログラム

ズームレンズ等の画像拡大のための光学素子の数を減らすことが可能となり、しかも拡大縮小における回折計算処理の負担をより軽減できるプロジェクタ装置用のホログラムデータ作成プログラムを提供します。

研究者:大学院工学研究科 伊藤 智義 教授、下馬場朋禄 准教授

キーワード:ホログラムデータ作成プログラム

インフォグラフィックス

茨城大学

AR技術を活用したユビキタスデジタルコンテンツシステム

本研究は、デジタルデータに位置情報を付加し、センサデータと組み合わせてユーザの現実環境に則したデジタルコンテンツを提供するシステムを構築します。位置情報とバーチャルリアリティ技術を融合させたAR環境を構築します。

研究者:工学部情報工学科 石田 智行 講師

キーワード:バーチャルリアリティ オーグメンテッドリアリティ ミックスドリアリティ AR技術 Web-GIS ウェアラブル技術

技術資料

茨城大学

人間の挙動のモデル化、制御および評価

自動計測制御とモデル化技術、脳波解析技術、ヒューマンインターフェースを核とし、1)ライフサポート、2)癒し現象解析と応用、3)モデル化技術応用の三本の柱から研究を進めています。

研究者:工学部知能システム工学科 住谷 秀保 助教

キーワード:ヒューマンインターフェース モデル同定 コミュニケーション支援技術

技術資料

茨城大学

神経型システムの記憶情報処理

神経細胞の作る回路網を簡略化あるいは抽象化してモデル化したシステム(つまり神経回路モデル、ニューラルネットワーク)、そして記憶の蓄積と再生(引き出し)に関連する情報処理を研究しています。

研究者:工学部メディア通信工学科 矢内 浩文 准教授

キーワード:人間情報学 数理脳科学 知能情報学

技術資料

茨城大学

高速無線インパルス通信のための高密度パルス生成システム

現状のUWB無線通信よりも5~10倍速い最大速度 6Gbps の高速近距離無線通信を実現します。ディジタル機器を無線で接続する無線USBやTransfer Jetを約10倍に高速化できます。

研究者:工学部情報工学科 鎌田 賢 教授

キーワード:ディジタル無線通信 UWB インパルス通信 近距離高速無線通信 AD/DA 変換

技術資料

北海道大学

高付加価値メディア情報通信技術

本来は情報セキュリティの手法として利用されることが一般的な情報ハイディング技術を転用することで、標準フォーマットとの互換性を維持しながらも新たな機能をつけ加えることができる高付加価値メディア情報通信技術について研究している。

研究者:情報科学研究科 助教 青木直史

キーワード:メディア情報処理、情報ハイディング技術、高付加価値通信

技術資料

北海道大学

センシング用低電力A/D変換器

もっとも簡単な構成であるSingle-Slope A/D 変換器は、イメージセンサなど様々な形で利用されています。しかし、変換速度が遅いことが欠点でした。本手法は、その高速化と低電力化を同時に実現する技術です。

研究者:情報科学研究科 准教授 池辺将之

キーワード:A/D変換、センシング、低消費電力

技術資料

北海道大学

光複素振幅計測技術

本技術は、2 台のセンサと偏光光学素子によって、空間補完誤差を生ずることなく1 回の計測で光位相分布の精確な検出を可能にします。3D 画像計測、3D 断層計測、デジタル位相共役、3D 光メモリ、空間モード光通信など多岐にわたる応用が期待されます。

研究者:情報科学研究科 准教授 岡本淳

キーワード:製品計測、生体計測、光情報処理

技術資料

北海道大学

次世代画像表現・センシング技術

本研究では、多変量解析に基づいた画像情報の表現及びセンシングに関する理論を構築し、これに基づいた技術によって画像処理諸分野へブレークスルーを与えることを可能としています。

研究者:情報科学研究科 准教授 小川貴弘

キーワード:画像復元、画像センシング、異種データ解析

技術資料