お問い合わせ

loT・ロボット | Page3

HOME>技術情報一覧>loT・ロボット>loT・ロボット | Page3

北海道大学

クラウドソーシングにおける品質管理

インターネットを通して多数の人に仕事を依頼できるクラウドソーシングにおいて、作業結果の品質を保証する研究を行っています。作業結果に対する作業者の確信度判断を用いることで、高品質な作業結果を導きます。

研究者:情報科学研究科 准教授 小山聡

キーワード:クラウドソーシング、品質管理、機械学習

技術資料

北海道大学

大規模データアクセス技術

データをコンパクトに圧縮したり、高度で省メモリなデータ索引を構築したりすることで、大規模なデータ群に対する効率の良いデータアクセスを実現することを目指しています。

研究者:情報科学研究科 准教授 喜田拓也

キーワード:データ圧縮、ビッグデータ、情報検索

技術資料

北海道大学

ドローン搭載用マルチスペクトルカメラシステム

可視〜近赤外域の光を自由に選択できるマルチスペクトルカメラシステムをドローン搭載用に開発しました。空間走査の必要がないスナップショット方式のため、風などによるドローンのブレに強く、画像解析が容易です。

研究者:理学研究院 特任准教授 栗原純一

キーワード:ドローン、マルチスペクトルカメラ、農業リモートセンシング

技術資料

北海道大学

小型空中映像表示システム

従来、ディスプレイに表示されていた3DCG などの映像を、空中に表示する小型映像表示システムを開発しました。デスクトップで目の前に浮いて見える映像に直接手を伸ばして触ることができます。

研究者:情報科学研究科 助教 小水内俊介

キーワード:空中映像、インタフェース技術、インタラクティブコンテンツ

技術資料

北海道大学

高感度センサデバイス

半導体多孔質構造の大きな表面積を検出面に利用した新しいセンサデバイスを開発しました。孔内壁表面の電位変化を電気信号に変換し検出する仕組みで、微量の化学物質の表面吸着や光の照射に応答します。

研究者:量子集積エレクトロニクス研究センター 准教授 佐藤威友

キーワード:高感度センサ、半導体デバイス、多孔質構造

技術資料

北海道大学

電子顕微鏡内での電気特性と構造変化の同時観察

電子顕微鏡内に小さな電子デバイス片を配置し、これに可動プローブ電極(2 本)を当て、電気特性を評価しながら、電子顕微鏡による観察を可能にしました。サンプル側電極にMOSFETを搭載し、過剰電流を抑制できます。電気特性と構造変化の相関を評価でき、故障原因究明などに有効です。

研究者:情報科学研究科 教授 高橋庸夫、准教授 有田正志

キーワード:電子顕微鏡、その場観察、故障解析

技術資料

北海道大学

動画像リアルタイム処理技術

本研究室では、近年大容量(高解像度・高フレームレート)化が著しい動画像を対象として、画像平滑化(スムージング)や明るさ補正を中心とした、各種画像処理アルゴリズムならびにそのリアルタイム実装に関する研究開発を推進しています。

研究者:情報科学研究科 准教授 筒井弘

キーワード:適応的明るさ補正、画像平滑化、FPGA

技術資料

北海道大学

コンピュータ・グラフィクスによる映像表現

3 次元CG 技術を応用し、人間の創造活動を支援することを目指しています。CG 技術は飛躍的に発展しましたが、思ったとおりの3 次元情報を簡単に作ることは困難で、創造活動の支援にはいたりません。3 次元空間の情報を自由に操作し、簡単にCG 映像を作成する仕組みを研究しています。

研究者:情報科学研究科 准教授 土橋宜典

キーワード:コンピュータグラフィックス、バーチャルリアリティ、デジタルファブリケーション

技術資料

北海道大学

バンディット手法を用いた推薦技術

ユーザが好むであろうアイテムのお勧め(知識の利用)のみでなく、ユーザの好み情報が多く得られるであろうアイテムのお勧め(知識の獲得)もバランスよく行い、ユーザの累積満足度を最大化するお勧め手法を研究しています。

研究者:情報科学研究科 准教授 中村篤祥

キーワード:オンライン最適化、バンディット問題、推薦システム

技術資料

北海道大学

大規模電磁界解析による乗り物内無線接続サービスの電波伝搬特性評価手法

航空機や旅客鉄道車輛内などの複雑で特殊な伝搬環境評価、電波の人体侵入、さらに体内埋込み型医療機器の電磁干渉評価とメカニズム推定、電気自動車無線給電装置の漏洩電磁界評価など、様々な電波利用分野での研究実績を上げてきている。

研究者:情報科学研究科 助教 日景隆

キーワード:大規模シミュレーション、ワイヤレス通信、人体遮蔽

技術資料

北海道大学

通信回避型行列計算アルゴリズム

大規模並列計算機の普及とともに、並列計算に伴う通信時間の削減の重要性が増しています。本研究では、通信回避(CommunicationAvoiding)と呼ばれるアプローチにより、行列計算アルゴリズムの性能を向上させることを目指しています。

研究者:情報基盤センター 助教 深谷猛

キーワード:数値計算、ハイパフォーマンスコンピューティング

技術資料

北海道大学

バイオメディカル光イメージングのための数理アルゴリズム開発

バイオメディカル光イメージングの発展には、高精度かつ計算効率に優れた光伝播モデルが必要です。本研究では、光伝播を高精度に記述する輻射輸送方程式の高速解法を構築することに成功しました。提案手法による光診断・治療の高度化に取り組んでいます。

研究者:工学研究院 助教 藤井宏之

キーワード:近赤外光を用いた非侵襲的画像診断、生体内の光伝播モデル、輻射輸送方程式

技術資料

北海道大学

時間分解二次元表面音響波イメージング

GHz 周波数領域までの表面音響波の伝播の様子を時間分解二次元イメージとして可視化する技術です。従来の方法では周波数分解能が粗いという問題がありましたが、本方法では任意周波数の音響波を励起・検出することができます。

研究者:工学研究院 准教授 松田理

キーワード:表面音響波、時間分解イメージング、フォノニック結晶・メタマテリアル

技術資料

北海道大学

数理的手法に基づくシステム制御技術

数学的なモデルや手法に基づくシステム制御技術は、四輪ロボットなどの機械システムからエネルギーマネジメントシステムなどの社会システムまで幅広い分野に適用できます。本研究室では特に、非線形システムとハイブリッドシステムに対する制御手法の開発を行っています。

研究者:情報科学研究科 教授 山下裕、准教授 小林孝一、

キーワード:システム制御、IoT/サイバーフィジカルシステム、エネルギーマネジメントシステム

技術資料

北海道大学

ユーザの意図を読み取るインタフェースの開発

ユーザと機械が相互に学習することで、ユーザの意図通りに機械を操作することを可能とするインタフェースの開発を行っています。ロボットなどの操縦や、マウスやトラックボールなどのポインティングデバイスの入力も容易にします。

研究者:情報科学研究科 教授 山本雅人、准教授 飯塚博幸

キーワード:ユーザインタフェース、相互学習、ニューラルネットワーク

技術資料

北海道大学

ナノ知識探索プロジェクト

本研究では、ナノ結晶デバイスの研究開発の過程で作成される実験記録やその成果を取りまとめた論文などから、デバイス開発に有用な情報を抽出し、整理する知識マネージメントの研究を行っています。

研究者:情報科学研究科 准教授 吉岡真治

キーワード:ナノインフォマティックス、情報抽出、文献検索

技術資料

九州工業大学

球体駆動式全方向移装置

床面の凹凸等影響を受けにく、走行時安定性が高い移動装置です。狭い場所でも自由に移動きる球体駆式全方向装置に係り、更に詳細には、例えば、家庭用ロボット、伝導車椅子、工業用搬送台車等に使用可能な球体駆動式全方向移装置です。

研究者:生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 准教授  宮本 弘之

キーワード:球体駆式全方向装置、家庭用ロボット、伝導車椅子、工業用搬送台車

技術資料