お問い合わせ

脊髄損傷の症状緩和を目指した創薬へのアプローチ

HOME>インフォグラフィックス>脊髄損傷の症状緩和を目指した創薬へのアプローチ
筑波大学

脊髄損傷の症状緩和を目指した創薬へのアプローチ

 
  • 研究者:生命環境系 鶴田 文憲 助教
  • キーワード:脊髄損傷、炎症反応抑制、分子標的薬、シード化合物

本スクリーニングシステムを活用することで、迅速かつ簡便に脊髄損傷を標的とした分子標的薬のシード化合物へ辿り着くことが可能となりました。本システムで同定した化合物を用いることで、脊髄内の炎症反応を抑制し、治療効果改善につながることが期待されます。

動画アンケート