お問い合わせ

loT・ロボット

筑波大学

Ultra low-cost small satellite

  • 研究者: Toshihiro Kameda, Assistant Professor, Faculty of Engineering, Information and Systems
  • キーワード:Ultra low-cost small satellites

Ultra low-cost small satellites, less than ten thousand USD, can bring unlimited possibilities for space utilization. Taking advantage of this all-in-one satellite system, users can design personal space mission, launch and control satellite for their own purpose.

筑波大学

超低価格小型人工衛星

  • 研究者: システム情報系 亀田 敏弘 准教授
  • キーワード:低軌道超小型衛星、可搬性のある衛星管制地上局

個人レベル(100万円~)で、人工衛星を活用したミッション提案・衛星設計・開発・打ち上げ・管制までが、オールインワンで実現。

筑波大学

赤外線リモコンを使った屋内測位

  • 研究者:システム情報系 善甫 啓一 助教
  • キーワード:赤外線リモコン

サービス現場で違和感のない屋内測位技術を確立することで、これまで取り扱えなかった人間行動データに基づくサービス工学の展開を実現しました。

筑波大学

あらゆる悪環境下で精密かつ安全に飛行可能なUAVの開発とその大規模農業支援への応用

  • 研究者:システム情報系 延原 肇 准教授
  • キーワード:UAV、ドローン、農業支援、安全

安全に飛行するUAV(ドローン)を農業の育種に活用し、膨大な個体群の時系列データを計測します。

筑波大学

ブロックチェーンによる新産業創出

  • 研究者:延原 肇 准教授
  • キーワード:計算知能、離散数理、著作権、ビットコイン

仮想通貨ビットコインの基盤となる「ブロックチェーン」の技術を利用し、CGM(Consumer Generated Media)向け著作権保護支援技術を開発しました。

筑波大学

多視点映像から自由視点映像を創出・提示

  • 研究者:北原 格 准教授
  • キーワード:自由視点映像、 Bullet Time、 Image-Based Modeling

自由視点映像の課題、①撮影システム、②映像品質、③閲覧法を解決し、インタラクティブな放送・映像メディアの実現を目指します。

筑波大学

高性能解析アルゴリズムとソフトウェア開発

  • 研究者:櫻井 鉄也 教授(兼 合同会社MathDesign CEO)
  • キーワード:超並列シミュレーション・画像解析

振動解析、ナノシミュレーション、ビッグデータ解析などにおいて大規模な固有値問題が現れます。このような大規模問題を解くための並列計算を考慮した新しいアルゴリズムとソフトウェアを開発しています。

筑波大学

単一結線の電極を用いたタッチ操作認識技術を開発

  • 研究者:志築 文太郎 准教授
  • キーワード:タッチセンサ,ユーザI/F,プロトタイピング

電極形状を工夫することにより、接触に加えて種々のタッチ操作を認識できる静電容量式のタッチ操作認識技術を開発しました。

筑波大学

人工知能により動きのデータから運動技能を獲得する

  • 研究者:山際 伸一 准教授
  • キーワード:運動技能の獲得支援

人工知能技術をつかって数値的なスキルの「距離」として表現することにより、マラソン上位者と初心者の間には、肘、膝、足首の動きに差があることを発見し、「スキルグルーピング」と呼ばれる技術を開発しました。

筑波大学

ビッグデータ時代に対応した新しいロスレスデータ圧縮技術

  • 研究者:山際 伸一 准教授
  • キーワード:高性能計算

九州工業大学と共同で開発した、ビッグデータ時代を見据えた新しいロスレスデータ圧縮技術です

筑波大学

低消費電力データ駆動プロセッサによる長寿命・高信頼性センサーシステムの事業化

  • 研究者:西川 博昭 副学長
  • キーワード:プロセッサ

超低消費電力化データ駆動プロセッサの研究成果を活用して、来るべきトリリオンセンサユニバース時代に必要な、長寿命・高信頼無線センサネットワーキングシステムを事業化することを目指します。

名古屋工業大学

三人寄れば文殊の知恵

  • 研究者:大学院工学研究科情報工学専攻 伊藤 孝行 教授
  • キーワード:議論、インターネット

インターネットバージョン “自治体に導入実績のある、誰もが気軽に参加でき、意見を発信し、議論を行う場所を提供するシステム” です。この技術の特徴は多様な意見を集約しファシリテータを自動化することで、意見を公平にくみ取りながら、一つの意見や計画へと集約できるところです。

名古屋工業大学

高齢者が安心安全に暮らせる社会を実現します

  • 研究者:岩田 彰 名誉教授(未来医療介護健康情報学研究センター)
  • キーワード:BLEビーコン、クラウドコンピューティング

BLEビーコン、スマートフォン、クラウドサーバーで行動を観測するプラットフォームです。高齢者の見守りに活用すれば、徘徊行動に迅速に対応ができます。いっしょに実用化向けた実証試験を進めていきませんか。

名古屋工業大学

脳波を使ってヒトの状態を観測してみよう

  • 研究者:船瀬 新王 准教授
  • キーワード:脳波インタフェース、脳波解析、ヒトの状態推定

「脳エステ」など、新たなビジネスのチャンスです!運動予測のための脳波解析、感情に関連する脳波解析、疲労に関連する脳波解析等、工学と脳科学の融合による最新技術、「脳工学」をツールとした、脳波計測が可能です。ぜひみなさまのニーズをお聞かせください。

名古屋工業大学

2輪型飛行ロボット「忍者ドローン」、あなたならどう使う

  • 研究者:山田 学 教授
  • キーワード:制御理論、制御システム、モーションコントロール

お手持ちの小型飛行機にこの発明を付けるだけ。小型で安価で一日中使えて、いつでも・どこでも・なににでも利用できる空陸水万能な2輪型飛行ロボットに変身可能。どこでも飛行でき、地上・水上・壁・天井・階段・がれきも自由に走行できます。

名古屋工業大学

乱数を使ったフィルタによる高速な画質改善

  • 研究者:福嶋 慶繁 准教授
  • キーワード:知覚情報処理、画像情報処理、視覚メディア処理

乱数により制御する高速化アルゴリズムにより、計算速度・精度・メモリ消費量のトレードオフをコントロールを可能にするだけでなく、多種多様な環境においてスケーラブルに画質の改善が実行可能です。デバイスに応じて計算時間・精度の異なるフィルタを用意する必要がなく、モバイルでもデスクトップでも主観的に同じ出力を得ることが可能となります。お問い合わせお待ちしています。

名古屋工業大学

知的IoTモニタリングシステム 〜防災・農業・海洋の情報収集支援技術〜

  • 研究者:伊藤 孝行 教授
  • キーワード:センサーネットワーク、フィールドセンシング、知能情報

一般的に、センサには電源の違いやインターフェースの違いがあり、多くのワイヤレスセンサシステムは、自由にセンサを接続することが困難です。我々が提案するシステムでは、多様なセンサが簡単に接続可能なシステムを構築すると同時に、必要な時に必要なセンサを接続することで、高価なセンサ資源を有効活用できます。

名古屋工業大学

小型静脈認証装置

  • 研究者:梅崎 太造 教授
  • キーワード:計測工学、感性情報学、ソフトウェア

画像センサからわずか4[cm]の距離で指全体に焦点合わせが可能な大きさ1.1[cm]×9.0[cm]の小型画像センサを開発した。このセンサと赤外線照明ユニットを搭載する外装を3Dプリンタにより設計した結果、従来装置と比較して体積比約57%の小型な静脈認証装置を開発しました。お問い合わせ、お待ちしています。

名古屋工業大学

触覚と錯覚を利用したリハビリ訓練システムの開発 -視触覚同時提示ボール回しシステム-

  • 研究者:坂口 正道 准教授
  • キーワード:ロボティクス、ヒューマンインタフェース・インタラクション

映像提示と触覚提示を組み合わせることで、運動錯覚を利用した効果的なリハビリテーションシステムの開発を目指しています。1自由度のシンプルなシステムですが、錯覚を生じる効果は高く、脳機能の解明からリハビリテーション訓練への応用まで、様々な使い方が期待できます。

千葉大学

高速・高機能ロボットマニピュレーション

  • 研究者:大学院工学研究科 並木 明夫 准教授
  • キーワード:高速、高機能、ロボット、マニピュレーション、10Hz以上

現在人間が人手で行っている様々な作業を自動化することを目指して、人間のような器用な作業能力を人間以上の速度と精度で実現することのできるロボットハンドシステム。

千葉大学

複数の2次元情報を保持する立体作製技術

  • 研究者:大学院工学研究科 伊藤 智義 教授
  • キーワード:クリスタルアート、案内表示システム、認証鍵システム

1.複数の投影軸を持った立体に対して、軸ごとに異なった投影像を表出する技術。
2.投影像の数は任意に設定が可能。
3.逆に、投影軸以外の方向からは像を見ることはできない。

千葉大学

電子ホログラフィによる3次元映像

  • 研究者:大学院工学研究科 伊藤 智義 教授
  • キーワード:三次元テレビ

三次元動画再生については膨大な情報量を処理しなければならないという課題がある。本技術では、最速のパソコンに比べて1,000倍高速な専用計算機システムの開発を行い、小さな像サイズながらも、リアルタイム(30フレーム/秒)の三次元動画像再生に成功した。

千葉大学

光渦発生装置及びこれに用いられる連続螺旋型位相版並びに光渦発生方法

  • 研究者:大学院融合科学研究科 宮本 克彦 准教授
  • キーワード:光ピンセット、レーザー加工、超解像顕微分光

テラヘルツ帯における光渦発生は、連続螺旋型位相板および広帯域テラヘルツ光源を用いて行う。特に、螺旋型位相板はテラヘルツ帯域および可視光帯域において透過性を有するポリマー樹脂によって構成されている。 そのため、目には見えないテラヘルツ光もガイド光を同軸に入射することで非常に簡便に光渦の発生が可能となる。

千葉大学

光渦を用いたキラル・ナノニードルのデバイス展開

  • 研究者:大学院融合科学研究科 尾松 孝茂 教授
  • キーワード:ナノ・スケール・螺旋構造体・ナノニードル・キラルデバイス

光渦を物質に照射すると、物質がナノスケールのキラルな螺旋構造体(キラル・ナノ構造体)に変形する世界初の現象を用いて、新規のキラルデバイスを創成します。 。

千葉大学

円筒面でも折り曲げ面でも利用可能なAR(拡張現実)マーカ

  • 研究者:大学院融合科学研究科 眞鍋 佳嗣 教授
  • キーワード:AR

従来は平面ARマーカしかなかったが、本技術では円筒面・折り曲げ面でも使えるので、缶や瓶にも使え、応用範囲が各段に広がった。

千葉大学

驚異の微小プロジェクタへの挑戦ホログラフィックプロジェクタ

  • 研究者:大学院工学研究科 下馬場 朋禄 准教授
  • キーワード:3次元ディスプレイ、超小型プロジェクタ

1.超小型(将来的には1cm以下を目指す)
2.小面積・省電力(スマートフォンへの実装も)
3.従来のプロジェクターに比較して部品点数が圧倒的に少ない

千葉大学

ほとんどリアル!空中3次元投影装置

  • 研究者:大学院工学研究科 角江 崇 助教
  • キーワード:3次元立体像表示装置

1.リアルに近い3次元像再生が可能
2.プロジェクタ不要
3.従来の本方式では難しかった動画像の再生可能
4.観察者の眼の負担が少ない(自然な立体画像)

千葉大学

人間が周りをどう認識しているのかを研究しています

  • 研究者:大学院工学研究科 吉岡 陽介 助教
  • キーワード:眼球運動が計れるヘッドマウントディスプレイ、宣伝・広告効果計測機

本研究は、探索歩行時の空間把握における中心視と周辺視の機能の解明を目的とする。ヘッドマウントディスプレイを改造することで視野の任意の部分を制限することのできる実験装置を開発し、装着時に生じる被験者の行動の変化を観察することで制限された視野の部分が本来担っていた役割を推察する。

千葉大学

半導体集積回路の高精度遅延測定

  • 研究者:大学院工学研究科 難波 一輝 准教授
  • キーワード:半導体集積回路、遅延、不良品

半導体集積回路において、トランジスタと配線の加工のばらつきにより不良品が発生することがあり、不良品を発見するために遅延測定回路を設ける技術がある。本技術では、半導体集積回路の信号の伝播時間の遅延を高精度に測定することができ、不良製品を適切に見つけることができる。

千葉大学

ガラス内部における金属微粒子のレーザマニピュレーション

  • 研究者:大学院工学研究科 比田井 洋史 准教授
  • キーワード:ガラス加工、フォトニクスデバイス、複雑な構造の試作、レーザ加工

1.金属微粒子の量により透過量を調節可能。
2.ガラスと等の材料内に金属微粒子を任意に配置なのでオブジェ利用可。

千葉大学

記録装置を長寿命化する技術

  • 研究者:大学院工学研究科 北神 正人 准教授
  • キーワード:SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)、記録装置

データ消去回数の多いメモリパッケージへのデータ書き込みを避けることで、メモリの高効率利用・記録装置の長寿命化を実現した。

千葉大学

人間の演奏テンポに合わせて合奏可能な伴奏システムの開発

  • 研究者:大学院融合科学研究科 堀内 靖雄 准教授
  • キーワード:カラオケ・音楽教育機器、人間と合奏するシステム、音楽に合わせたインタラクティブシステム

人間の演奏者のテンポに合わせて、リアルタイムで演奏テンポを変化させながら伴奏するので、従来はできなかった、人間らしい情緒豊かな演奏が可能になる。

千葉大学

ホログラムデータ作成プログラム

  • 研究者:大学院工学研究科 伊藤 智義 教授,下馬場朋禄 准教授
  • キーワード:ホログラムデータ作成プログラム

ズームレンズ等の画像拡大のための光学素子の数を減らすことが可能となり、しかも拡大縮小における回折計算処理の負担をより軽減できるプロジェクタ装置用のホログラムデータ作成プログラムを提供します。

茨城大学

AR技術を活用したユビキタスデジタルコンテンツシステム

  • 研究者:工学部情報工学科 石田 智行 講師
  • キーワード:バーチャルリアリティ オーグメンテッドリアリティ ミックスドリアリティ AR技術 Web-GIS ウェアラブル技術

本研究は、デジタルデータに位置情報を付加し、センサデータと組み合わせてユーザの現実環境に則したデジタルコンテンツを提供するシステムを構築します。位置情報とバーチャルリアリティ技術を融合させたAR環境を構築します。

茨城大学

人間の挙動のモデル化、制御および評価

  • 研究者:工学部知能システム工学科 住谷 秀保 助教
  • キーワード:ヒューマンインターフェース モデル同定 コミュニケーション支援技術

自動計測制御とモデル化技術、脳波解析技術、ヒューマンインターフェースを核とし、1)ライフサポート、2)癒し現象解析と応用、3)モデル化技術応用の三本の柱から研究を進めています。

茨城大学

神経型システムの記憶情報処理

  • 研究者:工学部メディア通信工学科 矢内 浩文 准教授
  • キーワード:人間情報学 数理脳科学 知能情報学

神経細胞の作る回路網を簡略化あるいは抽象化してモデル化したシステム(つまり神経回路モデル、ニューラルネットワーク)、そして記憶の蓄積と再生(引き出し)に関連する情報処理を研究しています。

茨城大学

高速無線インパルス通信のための高密度パルス生成システム

  • 研究者:工学部情報工学科 鎌田 賢 教授
  • キーワード:ディジタル無線通信 UWB インパルス通信 近距離高速無線通信 AD/DA 変換

現状のUWB無線通信よりも5~10倍速い最大速度 6Gbps の高速近距離無線通信を実現します。ディジタル機器を無線で接続する無線USBやTransfer Jetを約10倍に高速化できます。

北海道大学

高付加価値メディア情報通信技術

  • 研究者:情報科学研究科 助教 青木直史
  • キーワード:メディア情報処理、情報ハイディング技術、高付加価値通信

本来は情報セキュリティの手法として利用されることが一般的な情報ハイディング技術を転用することで、標準フォーマットとの互換性を維持しながらも新たな機能をつけ加えることができる高付加価値メディア情報通信技術について研究している。

北海道大学

センシング用低電力A/D変換器

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 池辺将之
  • キーワード:A/D変換、センシング、低消費電力

もっとも簡単な構成であるSingle-Slope A/D 変換器は、イメージセンサなど様々な形で利用されています。しかし、変換速度が遅いことが欠点でした。本手法は、その高速化と低電力化を同時に実現する技術です。

北海道大学

光複素振幅計測技術

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 岡本淳
  • キーワード:製品計測、生体計測、光情報処理

本技術は、2 台のセンサと偏光光学素子によって、空間補完誤差を生ずることなく1 回の計測で光位相分布の精確な検出を可能にします。3D 画像計測、3D 断層計測、デジタル位相共役、3D 光メモリ、空間モード光通信など多岐にわたる応用が期待されます。

北海道大学

次世代画像表現・センシング技術

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 小川貴弘
  • キーワード:画像復元、画像センシング、異種データ解析

本研究では、多変量解析に基づいた画像情報の表現及びセンシングに関する理論を構築し、これに基づいた技術によって画像処理諸分野へブレークスルーを与えることを可能としています。

北海道大学

クラウドソーシングにおける品質管理

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 小山聡
  • キーワード:クラウドソーシング、品質管理、機械学習

インターネットを通して多数の人に仕事を依頼できるクラウドソーシングにおいて、作業結果の品質を保証する研究を行っています。作業結果に対する作業者の確信度判断を用いることで、高品質な作業結果を導きます。

北海道大学

大規模データアクセス技術

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 喜田拓也
  • キーワード:データ圧縮、ビッグデータ、情報検索

データをコンパクトに圧縮したり、高度で省メモリなデータ索引を構築したりすることで、大規模なデータ群に対する効率の良いデータアクセスを実現することを目指しています。

北海道大学

ドローン搭載用マルチスペクトルカメラシステム

  • 研究者:理学研究院 特任准教授 栗原純一
  • キーワード:ドローン、マルチスペクトルカメラ、農業リモートセンシング

可視〜近赤外域の光を自由に選択できるマルチスペクトルカメラシステムをドローン搭載用に開発しました。空間走査の必要がないスナップショット方式のため、風などによるドローンのブレに強く、画像解析が容易です。

北海道大学

小型空中映像表示システム

  • 研究者:情報科学研究科 助教 小水内俊介
  • キーワード:空中映像、インタフェース技術、インタラクティブコンテンツ

従来、ディスプレイに表示されていた3DCG などの映像を、空中に表示する小型映像表示システムを開発しました。デスクトップで目の前に浮いて見える映像に直接手を伸ばして触ることができます。

北海道大学

高感度センサデバイス

  • 研究者:量子集積エレクトロニクス研究センター 准教授 佐藤威友
  • キーワード:高感度センサ、半導体デバイス、多孔質構造

半導体多孔質構造の大きな表面積を検出面に利用した新しいセンサデバイスを開発しました。孔内壁表面の電位変化を電気信号に変換し検出する仕組みで、微量の化学物質の表面吸着や光の照射に応答します。

北海道大学

電子顕微鏡内での電気特性と構造変化の同時観察

  • 研究者:情報科学研究科 教授 高橋庸夫、准教授 有田正志
  • キーワード:電子顕微鏡、その場観察、故障解析

電子顕微鏡内に小さな電子デバイス片を配置し、これに可動プローブ電極(2 本)を当て、電気特性を評価しながら、電子顕微鏡による観察を可能にしました。サンプル側電極にMOSFETを搭載し、過剰電流を抑制できます。電気特性と構造変化の相関を評価でき、故障原因究明などに有効です。

北海道大学

動画像リアルタイム処理技術

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 筒井弘
  • キーワード:適応的明るさ補正、画像平滑化、FPGA

本研究室では、近年大容量(高解像度・高フレームレート)化が著しい動画像を対象として、画像平滑化(スムージング)や明るさ補正を中心とした、各種画像処理アルゴリズムならびにそのリアルタイム実装に関する研究開発を推進しています。

北海道大学

コンピュータ・グラフィクスによる映像表現

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 土橋宜典
  • キーワード:コンピュータグラフィックス、バーチャルリアリティ、デジタルファブリケーション

3 次元CG 技術を応用し、人間の創造活動を支援することを目指しています。CG 技術は飛躍的に発展しましたが、思ったとおりの3 次元情報を簡単に作ることは困難で、創造活動の支援にはいたりません。3 次元空間の情報を自由に操作し、簡単にCG 映像を作成する仕組みを研究しています。

北海道大学

バンディット手法を用いた推薦技術

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 中村篤祥
  • キーワード:オンライン最適化、バンディット問題、推薦システム

ユーザが好むであろうアイテムのお勧め(知識の利用)のみでなく、ユーザの好み情報が多く得られるであろうアイテムのお勧め(知識の獲得)もバランスよく行い、ユーザの累積満足度を最大化するお勧め手法を研究しています。

北海道大学

大規模電磁界解析による乗り物内無線接続サービスの電波伝搬特性評価手法

  • 研究者:情報科学研究科 助教 日景隆
  • キーワード:大規模シミュレーション、ワイヤレス通信、人体遮蔽

航空機や旅客鉄道車輛内などの複雑で特殊な伝搬環境評価、電波の人体侵入、さらに体内埋込み型医療機器の電磁干渉評価とメカニズム推定、電気自動車無線給電装置の漏洩電磁界評価など、様々な電波利用分野での研究実績を上げてきている。

北海道大学

通信回避型行列計算アルゴリズム

  • 研究者:情報基盤センター 助教 深谷猛
  • キーワード:数値計算、ハイパフォーマンスコンピューティング

大規模並列計算機の普及とともに、並列計算に伴う通信時間の削減の重要性が増しています。本研究では、通信回避(CommunicationAvoiding)と呼ばれるアプローチにより、行列計算アルゴリズムの性能を向上させることを目指しています。

北海道大学

バイオメディカル光イメージングのための数理アルゴリズム開発

  • 研究者:工学研究院 助教 藤井宏之
  • キーワード:近赤外光を用いた非侵襲的画像診断、生体内の光伝播モデル、輻射輸送方程式

バイオメディカル光イメージングの発展には、高精度かつ計算効率に優れた光伝播モデルが必要です。本研究では、光伝播を高精度に記述する輻射輸送方程式の高速解法を構築することに成功しました。提案手法による光診断・治療の高度化に取り組んでいます。

北海道大学

時間分解二次元表面音響波イメージング

  • 研究者:工学研究院 准教授 松田理
  • キーワード:表面音響波、時間分解イメージング、フォノニック結晶・メタマテリアル

GHz 周波数領域までの表面音響波の伝播の様子を時間分解二次元イメージとして可視化する技術です。従来の方法では周波数分解能が粗いという問題がありましたが、本方法では任意周波数の音響波を励起・検出することができます。

北海道大学

数理的手法に基づくシステム制御技術

  • 研究者:情報科学研究科 教授 山下裕、准教授 小林孝一、
  • キーワード:システム制御、IoT/サイバーフィジカルシステム、エネルギーマネジメントシステム

数学的なモデルや手法に基づくシステム制御技術は、四輪ロボットなどの機械システムからエネルギーマネジメントシステムなどの社会システムまで幅広い分野に適用できます。本研究室では特に、非線形システムとハイブリッドシステムに対する制御手法の開発を行っています。

北海道大学

ユーザの意図を読み取るインタフェースの開発

  • 研究者:情報科学研究科 教授 山本雅人、准教授 飯塚博幸
  • キーワード:ユーザインタフェース、相互学習、ニューラルネットワーク

ユーザと機械が相互に学習することで、ユーザの意図通りに機械を操作することを可能とするインタフェースの開発を行っています。ロボットなどの操縦や、マウスやトラックボールなどのポインティングデバイスの入力も容易にします。

北海道大学

ナノ知識探索プロジェクト

  • 研究者:情報科学研究科 准教授 吉岡真治
  • キーワード:ナノインフォマティックス、情報抽出、文献検索

本研究では、ナノ結晶デバイスの研究開発の過程で作成される実験記録やその成果を取りまとめた論文などから、デバイス開発に有用な情報を抽出し、整理する知識マネージメントの研究を行っています。

Return to Top ▲Return to Top ▲