お問い合わせ

環境・エネルギー

HOME>技術情報一覧>環境・エネルギー

筑波大学

太陽光を利用した光触媒による飲料水浄化

途上国では細菌による飲料水の汚染が深刻です。それらの国々でふんだんに使える太陽光をエネルギー源として、飲料水中に含まれる細菌などの有機汚染物質を光で分解してしまう光触媒により、安全な水を得ることができます。

研究者:生命環境系 楊 英男 教授 * 産業技術総合研究所 環境管理研究部門 根岸 信彰 上級主任研究員

キーワード:太陽光、光触媒、飲料水浄化

インフォグラフィックス
          

筑波大学

可視光反応型光触媒、塗膜及び殺菌デバイス

可視光で抗菌効果が得られる光触媒材料です。この材料は可視光で強い酸化還元反応が見られます。太陽光・LED照明下で高効率な環境浄化・殺菌が期待できます。

研究者:生命環境系 楊 英男 教授

キーワード:可視光、光触媒、殺菌

技術資料 インフォグラフィックス

筑波大学

いまだ培養されていない自然界の99%の微生物を培養できる新たな培養プレート

これまで発見されていない微生物(ダークマター微生物)を培養できるかもしれない新しい培養プレートです。バイオの世界では、膨大、多様な未知数の微生物が残されています。従来の寒天培養で発見されている微生物は0.1から1%だと言われています。この培養プレートでダークマター微生物を発見できるかもしれません。

研究者:生命環境系 青柳 秀紀 教授

キーワード:新規培養プレート,ダークマター

インフォグラフィックス

筑波大学

食品化学による食素材・食品の研究~森林資源の有効活用と日本画の伝統的伝承技法の検証~

森林資源を材料開発に有効利用します。例えば、ヘキセンウロン酸除去により、ふっくら白いパルプが作れます。

研究者:生命環境系 吉田 滋樹 准教授

キーワード:森林資源、 日本画

技術資料

筑波大学

硫酸性温泉紅藻を利用した希土類・貴金属の選択的回収

硫酸性の温泉に生息する硫酸性温泉紅藻(ガルディエリア)を利用して、金属廃液中にごく低濃度で含まれる、希土類や貴金属を選択的に回収します。

研究者:生命環境系 蓑田 歩 助教

キーワード:微細藻類、環境、資源リサイクル、二酸化炭素固定 、光合成

技術資料

筑波大学

害虫にのみ作用して環境にはやさしい農薬の実現

昆虫の脱皮と変態に必須のホルモン「エクジステロイド」が、どのような酵素によって作り出されているのか、酵素の働きが生体内でどのように調節されているのかを研究しています。

研究者:生命環境系 丹羽 隆介 准教授

キーワード:発生遺伝学、動物生理・行動、応用生物学

技術資料

筑波大学

日本の夏と冬の気候変動を読み解く

グローバル気候の形成メカニズムとその変動機構について、各種の気候データ解析、および気候モデルを用いたシミュレーションを通して、研究を進めています。

研究者:生命環境系 植田 宏昭 教授

キーワード:気候気象学

技術資料

筑波大学

廃棄物のメタン発酵による有効利用技術

農産物や食品からバイオマスまでの幅広い「地域資源」を対象として、それらを安全かつ持続的に高度・有効利用するための、その開発・解析・統合 (システム化) ・装置化・実証などを理論的・実験的に行います。

研究者:生命環境系 北村 豊 教授

キーワード:資源開発技術学

技術資料

名古屋工業大学

膨らむ家

「緊急時に現地で膨らませる軽量で安価で快適な仮設住宅」をコンセプトに開発しました。災害に遭うと誰もが不安な日々を過ごさなければなりません。そんな時、「風雨が凌げ、温かく、心安らぐ空間」をわずか半日で提供することが可能です。また、イベント会場のテントなど、必要な時にその場で建設して使えるので、利便性が高いです。

研究者:北川 啓介 准教授

キーワード:仮設住宅、軽量で安価、その場建設

インフォグラフィックス

名古屋工業大学

摩耗低減により、機械の省エネルギー化を実現する技術

本技術は、摺動面近傍にのみ固体潤滑粒子を分散させることが可能なので、従来製造が困難であったグラファイト分散型ステンレス基傾斜機能自己潤滑材料の作製も可能です。詳細をお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせください。

研究者:佐藤 尚 准教授

キーワード:遠心力鋳造、傾斜機能材料

技術資料

名古屋工業大学

ジオ・ミメティック・セラミックスの創製 -焼かない焼き物で省エネ社会を実現-

従来のセメント・コンクリート建築構造材料の代替材料、特に2次製品として、あるいは従来の焼結温度では分解してしまう様な材料を混ぜ合わせた新規機能性材料の作製技術として、ベニヤ板など木材加工会社、砥石製作会社、炭素含有耐火物など不焼成耐火物れんがの製造会社などへ技術移転が可能です。

研究者:橋本 忍 准教授

キーワード:セラミックス、複合体、アルカリ活性セメント、ゼオライト

技術資料

名古屋工業大学

~ 都市の新たな公共トイレ ~ コンビニエンスストアのトイレ計画

男性若者を中心とした顧客層が高齢者や女性に拡大している状況に対応できるトイレ計画につながります。ブース数や便器の設定によって、顧客の満足度が高く、洗浄水量と清掃手間の少ないトイレが期待できます。多目的トイレの設置と適切な動線計画は、社会貢献に繋がります。流通業界の力を集めて、東京オリンピックをいっしょに盛り上げませんか。

研究者:小松 義典 准教授

キーワード:建築環境、都市環境、建築設備

技術資料

千葉大学

3次元構造色材料

ポリドーパミンをシェルとする独自のコア-シェル粒子を利用することで視認性の高い構造発色を実現。

研究者:大学院工学研究科 桑折 道済 准教授

キーワード:コロイド粒子、3次元、構造色、コア-シェル、ドーパミン、不退色

技術資料

千葉大学

ケミカルヒートポンプによる未利用熱エネルギーリサイクル利用システム

各種廃熱や太陽熱等の未利用エネルギーを化学的に蓄え、改質し、外部エネルギーを必要とせずに冷熱・温熱としてリサイクル有効利用する  各種ケミカルヒートポンプシステム。

研究者:大学院工学研究科 小倉 裕直 教授

キーワード:化学蓄熱、ケミカルヒートポンプ、廃熱、太陽熱、冷熱、温熱、リサイクル、省エネ、CO2 削減、コスト削減、サスティナブル

技術資料

千葉大学

イミダゾリウム塩の製造方法

イミダゾール環の隣に5員環を備えた2環化合物であり、不斉合成触媒や医薬品の候補化合物として有用。含窒素複素環カルベンに金属を配位させ、金属錯体を形成し、不斉合成触媒をえる。

研究者:大学院理学研究科 吉田 和弘 准教授

キーワード:光学活性、イミダゾリウム塩、二環、不斉合成触媒、医薬品の候補化合物

技術資料

千葉大学

空中窒素固定化技術

光触媒と導電性ポリマーを使って、常温常圧で、空中の窒素をアンモニウム塩に変える。

研究者:大学院融合科学研究科 星野 勝義 教授

キーワード:空中窒素固定、酸化チタン、光触媒、導電性ポリマー、アンモニウム塩

技術資料

千葉大学

レドックスキャパシタ

より高エネルギー化、高出力化を図ることのできるコバルトナノ構造物コバルトナノ構造物を用いたキャパシタ。

研究者:大学院融合科学研究科 星野 勝義 教授

キーワード:キャパシタ、レドックス、コバルト、ナノ

技術資料

千葉大学

燃料のいらない光燃料電池

光をあてて電気を作るタイプの燃料電池で、電極材料に高価な白金を使いません。光触媒として知られる酸化チタンに銀を加えて電極にしています。従来の「光燃料電池」の製造コストを1/50まで引き下げることが可能です。

研究者:大学院理学研究科 泉 康雄 教授

キーワード:光を当てる、燃料電池

技術資料 インフォグラフィックス

千葉大学

データ重ね合わせプログラム及びデータ重ね合わせ方法

より容易に、二つの三次元データ群(点群データ)を融合することのできるデータ重ね合わせプログラム及びデータ重ね合わせ方法を提供します。この技術によって、森林バイオマスの評価に必要な樹木の幹部データを詳細に取得することが可能になります。

研究者:大学院 園芸学研究科 加藤 顕 助教

キーワード:二つの三次元データ群、データ重ね合わせプログラム、森林バイオマス

技術資料 インフォグラフィックス