お問い合わせ

環境・エネルギー

筑波大学

太陽光で水を浄化(途上国の飲料水環境を改善するための光触媒技術)

  • 研究者:生命環境系 楊 英男 教授/産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 根岸 信彰 上級主任研究員
  • キーワード:可視光光触媒、水処理

光触媒による環境浄化の分野で唯一実用化されていなかった水処理に最適な材料を見いだしたことから、今まで光触媒水浄化が実用化されなかった原因を精査し、その解決方法を検討することが可能となりました。

筑波大学

いまだ培養されていない自然界の99%の微生物を培養できる新たな培養プレート

  • 研究者:生命環境系 青柳 秀紀 教授
  • キーワード:新規培養プレート,ダークマター

これまで発見されていない微生物(ダークマター微生物)を培養できるかもしれない新しい培養プレートです。バイオの世界では、膨大、多様な未知数の微生物が残されています。従来の寒天培養で発見されている微生物は0.1から1%だと言われています。この培養プレートでダークマター微生物を発見できるかもしれません。

筑波大学

食品化学による食素材・食品の研究~森林資源の有効活用と日本画の伝統的伝承技法の検証~

  • 研究者:生命環境系 吉田 滋樹 准教授
  • キーワード:森林資源, 日本画

森林資源を材料開発に有効利用します。例えば、ヘキセンウロン酸除去により、ふっくら白いパルプが作れます。

筑波大学

可視光で抗菌ができる光触媒材料

  • 研究者:生命環境系 楊 英男 教授
  • キーワード:可視光、光触媒、殺菌

可視光で抗菌効果が得られる光触媒材料です。この材料は可視光で強い酸化還元反応が見られます。太陽光・LED照明下で高効率な環境浄化・殺菌が期待できます。

筑波大学

硫酸性温泉紅藻を利用した希土類・貴金属の選択的回収

  • 研究者:生命環境系 蓑田 歩 助教
  • キーワード:微細藻類、環境、資源リサイクル、二酸化炭素固定 、光合成

硫酸性の温泉に生息する硫酸性温泉紅藻(ガルディエリア)を利用して、金属廃液中にごく低濃度で含まれる、希土類や貴金属を選択的に回収します。

筑波大学

害虫にのみ作用して環境にはやさしい農薬の実現

  • 研究者:生命環境系 丹羽 隆介 准教授
  • キーワード:発生遺伝学、動物生理・行動、応用生物学

昆虫の脱皮と変態に必須のホルモン「エクジステロイド」が、どのような酵素によって作り出されているのか、酵素の働きが生体内でどのように調節されているのかを研究しています。

筑波大学

非線形ラマン分光を用いた新しい分子イメージング装置の開発

  • 研究者:数理物質系 加納 英明 准教授
  • キーワード:分光イメージング

非線形ラマン分光(CARS)は、細胞や組織に前処理を施すことなく、非破壊、非接触、低侵襲、非染色(蛍光色素、標識が不要)で対象を可視化することができます。

筑波大学

日本の夏と冬の気候変動を読み解く

  • 研究者:生命環境系 植田 宏昭 教授
  • キーワード:気候気象学

グローバル気候の形成メカニズムとその変動機構について、各種の気候データ解析、および気候モデルを用いたシミュレーションを通して、研究を進めています。

筑波大学

廃棄物のメタン発酵による有効利用技術

  • 研究者:生命環境系 北村 豊 教授
  • キーワード:資源開発技術学

農産物や食品からバイオマスまでの幅広い「地域資源」を対象として、それらを安全かつ持続的に高度・有効利用するための、その開発・解析・統合 (システム化) ・装置化・実証などを理論的・実験的に行います。

名古屋工業大学

膨らむ家

  • 研究者:北川 啓介 准教授
  • キーワード:仮設住宅、軽量で安価、その場建設

「緊急時に現地で膨らませる軽量で安価で快適な仮設住宅」をコンセプトに開発しました。 災害に遭うと誰もが不安な日々を過ごさなければなりません。そんな時、「風雨が凌げ、温かく、心安らぐ空間」をわずか半日で提供することが可能です。また、イベント会場のテントなど、必要な時にその場で建設して使えるので、利便性が高いです。

名古屋工業大学

摩耗低減により、機械の省エネルギー化を実現する技術

  • 研究者:佐藤 尚 准教授
  • キーワード:遠心力鋳造、傾斜機能材料

本技術は、摺動面近傍にのみ固体潤滑粒子を分散させることが可能なので、従来製造が困難であったグラファイト分散型ステンレス基傾斜機能自己潤滑材料の作製も可能です。詳細をお知りになりたい方は、ぜひお問い合わせください。

名古屋工業大学

ジオ・ミメティック・セラミックスの創製 -焼かない焼き物で省エネ社会を実現-

  • 研究者:橋本 忍 准教授
  • キーワード:セラミックス、複合体、アルカリ活性セメント、ゼオライト

従来のセメント・コンクリート建築構造材料の代替材料、特に2次製品として、あるいは従来の焼結温度では分解してしまう様な材料を混ぜ合わせた新規機能性材料の作製技術として、ベニヤ板など木材加工会社、砥石製作会社、炭素含有耐火物など不焼成耐火物れんがの製造会社などへ技術移転が可能です。

名古屋工業大学

~ 都市の新たな公共トイレ ~ コンビニエンスストアのトイレ計画

  • 研究者:小松 義典 准教授
  • キーワード:建築環境、都市環境、建築設備

男性若者を中心とした顧客層が高齢者や女性に拡大している状況に対応できるトイレ計画につながります。ブース数や便器の設定によって、顧客の満足度が高く、洗浄水量と清掃手間の少ないトイレが期待できます。多目的トイレの設置と適切な動線計画は、社会貢献に繋がります。流通業界の力を集めて、東京オリンピックをいっしょに盛り上げませんか。

千葉大学

3次元構造色材料

  • 研究者:大学院工学研究科 桑折 道済 准教授
  • キーワード:コロイド粒子、3次元、構造色、コア-シェル、ドーパミン、不退色

ポリドーパミンをシェルとする独自のコア-シェル粒子を利用することで視認性の高い構造発色を実現。

千葉大学

ケミカルヒートポンプによる未利用熱エネルギーリサイクル利用システム

  • 研究者:大学院工学研究科 小倉 裕直 教授
  • キーワード:化学蓄熱、ケミカルヒートポンプ、廃熱、太陽熱、冷熱、温熱、リサイクル、省エネ、CO2 削減、コスト削減、サスティナブル

各種廃熱や太陽熱等の未利用エネルギーを化学的に蓄え、改質し、外部エネルギーを必要とせずに冷熱・温熱としてリサイクル有効利用する  各種ケミカルヒートポンプシステム。

千葉大学

イミダゾリウム塩の製造方法

  • 研究者:大学院理学研究科 吉田 和弘 准教授
  • キーワード:光学活性、イミダゾリウム塩、二環、不斉合成触媒、医薬品の候補化合物

イミダゾール環の隣に5員環を備えた2環化合物であり、不斉合成触媒や医薬品の候補化合物として有用。含窒素複素環カルベンに金属を配位させ、金属錯体を形成し、不斉合成触媒をえる。

千葉大学

空中窒素固定化技術

  • 研究者:大学院融合科学研究科 星野 勝義 教授
  • キーワード:空中窒素固定、酸化チタン、光触媒、導電性ポリマー、アンモニウム塩

光触媒と導電性ポリマーを使って、常温常圧で、空中の窒素をアンモニウム塩に変える。

千葉大学

レドックスキャパシタ

  • 研究者:大学院融合科学研究科 星野 勝義 教授
  • キーワード:キャパシタ、レドックス、コバルト、ナノ

より高エネルギー化、高出力化を図ることのできるコバルトナノ構造物コバルトナノ構造物を用いたキャパシタ。

千葉大学

燃料のいらない光燃料電池

  • 研究者:大学院理学研究科 泉 康雄 教授
  • キーワード:光を当てる、燃料電池

光をあてて電気を作るタイプの燃料電池で、電極材料に高価な白金を使いません。光触媒として知られる酸化チタンに銀を加えて電極にしています。従来の「光燃料電池」の製造コストを1/50まで引き下げることが可能です。

千葉大学

データ重ね合わせプログラム及びデータ重ね合わせ方法

  • 研究者:大学院 園芸学研究科 加藤 顕 助教
  • キーワード:二つの三次元データ群,データ重ね合わせプログラム,森林バイオマス

より容易に、二つの三次元データ群(点群データ)を融合することのできるデータ重ね合わせプログラム及びデータ重ね合わせ方法を提供します。この技術によって、森林バイオマスの評価に必要な樹木の幹部データを詳細に取得することが可能になります。

千葉大学

比較的低温で再生可能な二酸化炭素吸収材

  • 研究者:大学院理学研究科 加納 博文 教授
  • キーワード:工場排気やビル空調における二酸化炭素(CO2)吸収(除去)材、化学的CO2固定材、CO2運搬用材料、CO2 ケミカルヒートポンプ

室温付近で水蒸気が共存しても邪魔されずに選択的にCO2を吸収でき、かつ、材料の再生温度が低い(従来200℃、目標100℃以下)安価なCO2吸収材。

千葉大学

ナノ結晶性セラミックスの合成

  • 研究者:大学院理学研究科 大場 友則 准教授
  • キーワード:セラミック、チタン酸バリウム、誘電体材料、誘電体層、電極層、積層セラミックコンデンサ、原料セラミック微粒子、圧電素子、PCTサーミスタ(温度上昇に対して抵抗が増大)、光学用樹脂改質材

コンデンサは、スマホ等の半導体基板に多数使われており、その大きさはイチゴの種よりも小さい。それでも更に小型化が求められており、それに伴い誘電体層の薄化、誘電体(例:チタン酸バリウム)粒子の微小化が求められている。本研究の狙いは、機能を保持したままの微小化にある。

千葉大学

ヨウ素-ポリビニルアルコール(PVA)錯体画像の光形成

  • 研究者:大学院融合科学研究科 高原 茂 教授
  • キーワード:マーキング記録フィルム

1.これまでにはない光照射部分が発色するPVA-ヨウ素錯体フィルムを実現。
2.簡便な画像形成プロセス。

千葉大学

透明・黒・ミラー及び多色状態を可能にする調光素子

  • 研究者:大学院融合科学研究科 小林 範久 教授
  • キーワード:スマートウインドウ、デジタルサイネージ、防眩ミラー、電子ペーパー、携帯端末アプリ

1.エレクトロクロミック素子として、透明/黒状態/鏡面(ミラー)/赤/青/黄色)以上の発現が可能。
2.溶液塗布型で容易、安価に製造できる。

千葉大学

金属を使わない金属調光沢膜作成技術

  • 研究者:大学院融合科学研究科 星野 勝義 教授
  • キーワード:金属光沢印刷、金属光沢紙、自動車塗装、金属光沢金券、セキュリティカード

従来、金属光沢を実現するためには金属フレークを混合して実現していた。 そのため、重い、材料を常に攪拌する必要がある、腐食反応が起きる、などの問題点があった。本技術は有機材料のため、軽く、腐食反応がなく、金属光沢塗膜形成が容易である。 金属成分を全く含まないため、撹拌する必要がなく、塗膜の重量も金属フレークを使った従来品の8分の1程度と軽量である。

千葉大学

反射・発光表示可能なデュアルモードディスプレイの研究

  • 研究者:大学院融合科学研究科 中村 一希 准教授
  • キーワード:電子ペーパー、デジタルサイネージ、携帯端末アプリ

1.明所では反射型、暗所では発光型の表示を可能とする新規表示デバイス。
2.溶液塗布型で容易、安価に製造できる。

千葉大学

触媒の未来を切り開く絶え間のない挑戦

  • 研究者:大学院工学研究科 佐藤 智司 教授
  • キーワード:各種工業製品用触媒

1.高効率な触媒の提供
2.高収率な触媒の提供
3.副生成物の少ない高純度な触媒の提供

千葉大学

熱電変換材料及びその製造方法

  • 研究者:大学院工学研究科 魯 云 教授
  • キーワード:高効率電気材料の製造、エネルギー供給

新エネルギーの利用法の一つとして熱と電力を相互に変換できる材料熱電変換材料は、一部実用化されているものの、低融点であり、BiやTe等希少・有害な元素が使用されている。本技術は、より高温で使用できる高性能熱電変換材料とその製造方法を提供する。本技術の電変換材料は、Ti1-xCrxOz (0<x <0.5、0< z <0. 1 3) の組成からなることを特徴とする。

千葉大学

合成開口レーダーセンサを利用する環境・防災・インフラ監視技術

  • 研究者:環境リモートセンシング研究センター
  • キーワード:公共物の点検、インフラ整備、道路・路面の観測、ガスパイプの監視、高圧送電線鉄塔土台の変位観測等

土砂崩れ、道路の陥没、橋梁等公共建設物の劣化等を一早く検知し、早急に修復することは安全面からも経費の節約の面からも重要である。本研究では人工衛星、航空機、無人航空機等に車載による探査と画像提供により、広範囲、高速的、効率的なデータ提供を行う。

千葉大学

循環型社会の構築を目指した、廃棄物の有効利用・再資源化システム・環境浄化技術

  • 研究者:大学院工学研究科 和嶋 隆昌 准教授
  • キーワード:循環型社会の構築を目指した廃棄物の有効利用・再資源化システム、環境浄化システム

21世紀に入り、エネルギー、水、食料、鉱物資源などの資源問題や人類の活動に伴う地球環境問題が重要な課題となっている。本研究では、循環型社会の構築を目指し、廃棄物の有効利用・再資源化システムや環境浄化技術の開発に取り組んでいる。

茨城大学

多次元発電装置

  • 研究者:工学部 機械工学科 田中 伸厚 教授
  • キーワード:永久磁石、多次元方向、発電装置

発電コイルの中に、永久磁石を相対的に自在に移動できるように配置し、装置全体が多次元方向に振動あるいは搖動することによって発電する装置です。

茨城大学

大気オゾン、窒素酸化物、炭素エアロゾルの測定

  • 研究者:理学部理学科 北 和之 教授
  • キーワード:大気環境 オゾン 窒素酸化物 炭素エアロゾル

大気環境計測の精度向上・高度化、大気環境計測機器の開発にとりくんでいます。光分解コンバーターで、窒素酸化物測定精度や、ディーゼル排気などに含まれる炭素エアロゾル ( スス ) 濃度の測定精度が大幅に向上します。

茨城大学

太陽電池用部分影補償器の研究

  • 研究者:工学部電気電子工学科 鵜野 将年 准教授
  • キーワード:太陽電池 部分影 コンバータ 電力変換

部分影発生状況下においても太陽電池から最大限のエネルギーを抽出可能な「部分影補償器」に関する研究です。影の発生頻度の高い太陽電池パネルに利用できます。

茨城大学

スィートソルガムを用いたバイオ燃料の生産に関する研究

  • 研究者:農学部生物生産科学科 新田 洋司 教授
  • キーワード:スィートソルガム バイオ燃料

遊休地や耕作放棄地を利用してスィートソルガムを栽培し、環境保全・修復をはかります。遊休地や耕作放棄地を利用してバイオ燃料を生産します。パルプ(紙)や固形燃料(ペレット)もつくれます。

茨城大学

熱と流体科学の研究:環境熱流体エネルギー工学研究室

  • 研究者:工学部機械工学科 稲垣 照美 教授
  • キーワード:伝熱 相変化蓄熱 熱・環境計測 熱物性 乱流

本技術は、地球環境負荷を大幅に軽減させ、かつ人々の快適性を向上させるものです。サステイナブルかつ省エネルギーな快適空間の創造と、その感性評価に利用できます。

北海道大学

農畜産施設のエネルギーマネジメントシステムの開発

  • 研究者:情報科学研究科 特任助教 石川志保
  • キーワード:有機系廃棄物、再生可能エネルギー、バイオガス

農畜産業は環境問題、エネルギー問題、労働力不足等の問題点を抱えています。このような問題を、ICT の活用によって効率化・最適化する手法の開発や、多様な技術・ノウハウをデータ化・可視化するシステム工学的なアプローチで解決する研究に取り組んでいます。

北海道大学

Gd2Si2O7系高性能シンチレータの開発とその応用

  • 研究者:工学研究院 准教授 金子純一
  • キーワード:α線計測、プルトニウム検出、γ線高温計測

シンチレータは放射線が入射すると発光する物質で医療診断装置や石油探査用のγ線プローブとして使用されます。我々が開発しているGd2Si2O7(GPS)シンチレータは、高発光量、高エネルギー分解能、非潮解性等の優れた特長をもち、単結晶と5cm 角程度のセラミクスプレートが作れます。

北海道大学

再生可能エネルギー発電の出力把握と出力変動対策

  • 研究者:情報科学研究科 教授 北裕幸、准教授 原亮一
  • キーワード:再生可能エネルギー発電、発電出力推定、蓄電池

負荷電力(A)と再生可能エネルギー発電出力(B)とが混ざった電力潮流情報から、(A)と(B)を抽出する手法を開発しました。また(B)は天候に依存して大きく変動しますが、蓄電池を使って変動を抑制する制御手法と蓄電池容量評価手法を開発しました。

北海道大学

流れと伝熱の数値シミュレーション

  • 研究者:工学研究院 准教授 黒田明慈
  • キーワード:流動抵抗低減、トムズ効果、乱流伝熱

界面活性剤添加による乱流抵抗低減流れのモデル化とシミュレーションを行い、抵抗低減メカニズムを明らかにする。また、同時に伝熱解析を行って流動特性と伝熱特性を詳細に調べる。

北海道大学

農業・食料残さからのエネルギー回収

  • 研究者:北方生物圏フィールド科学センター 准教授 清水直人
  • キーワード:バイオマス、低炭素社会、バイオ生産プロセス

各種スケールのリアクタによる連続メタン発酵実験を行い、効率的な共発酵条件を明らかにし、生ごみと紙ごみを原料としたエネルギーを回収する実証システムを構築しました。

北海道大学

地下資源開発に伴う誘発地震モニタリング

  • 研究者:理学研究院 准教授 高橋浩晃
  • キーワード:誘発地震、地熱開発、地下環境

地下資源開発やダム建設に伴い誘発される地震発生の特性・発生要因・地下流体モニターなどの調査研究

北海道大学

耐氷点下起動性に優れた固体高分子形燃料電池の開発

  • 研究者:工学研究院 准教授 田部豊
  • キーワード:燃料電池、水管理、可視化

普通では観察することのできない燃料電池内の反応層近傍凍結現象を、超低温型電子顕微鏡を用いて可視化しています。さらに電気化学測定を組み合わせ、寒冷地利用で問題となる生成水凍結現象の解明と耐氷点下起動性に優れた電池の開発を行っています。

北海道大学

相変化せずに蓄熱する固体蓄熱材

  • 研究者:工学研究院 准教授 戸谷剛
  • キーワード:蓄熱材、固体蓄熱材、結晶構造変化

トランス-1,4-ポリブタジエンは、固体の結晶構造の変化により蓄熱する特徴があります。この特徴により、この蓄熱材を用いた蓄熱器には、蓄熱材を入れる容器が不要になります。トランス-1,4-ポリブタジエンを用いた蓄熱器の宇宙実証に世界で初めて成功しました。

北海道大学

高温潜熱蓄熱マイクロカプセル

  • 研究者:工学研究院 准教授 能村貴宏
  • キーワード:蓄熱、マイクロカプセル、コア-シェル型

固液相変化時の潜熱を利用する潜熱蓄熱法は高密度蓄熱可能な点で魅力的です。潜熱蓄熱材のマイクロカプセル化により蓄熱のみならず、熱輸送、熱制御用途への展開が可能となります。我々は500℃超の高温域で利用可能な潜熱蓄熱マイクロカプセルを開発しました。

北海道大学

社会技術システムとしてのバイオマス利活用に関する研究

  • 研究者:工学研究院 准教授 石井一英、客員教授 古市徹
  • キーワード:バイオマス、エネルギー、循環

循環計画システム研究室では、生ごみ、下水汚泥、家畜ふん尿、林地残材や稲わら等のバイオマスを地域内で利用し、地域分散型のバイオエネルギーを創り出すための、技術と社会の仕組み作り(社会技術システム)に関する研究をしています。

北海道大学

膜ファウリングを引き起こす多糖・タンパク質の構造解析

  • 研究者:工学研究院 准教授 木村克輝
  • キーワード:用排水処理、水処理膜、リポ多糖

次世代の水処理技術として注目されている膜処理の普及を阻んでいるのが膜透過性能の劣化(膜ファウリング)である。本研究では、膜ファウリングの合理的制御に向けて膜ファウリングの主因となる多糖類やタンパク質の構造解析を世界に先駆けて行った。

北海道大学

簡易病原菌測定装置

  • 研究者:工学研究院 准教授 佐藤久
  • キーワード:病原菌、簡易検出、迅速検出

測定キットにサンプル(下水、廃水、食品抽出液、飲料水)を0.1mL添加し、装置に設置するだけで、早ければ1 時間、遅くても12 時間以内に大腸菌、大腸菌群、腸球菌の濃度を測定できる技術を開発しました。

北海道大学

ナノ微粒子を用いる炭素資源由来の窒素の無害化除去

  • 研究者:工学研究院 准教授 坪内直人
  • キーワード:鉄ナノ微粒子触媒、含窒素化合物、無害化除去

地球環境に調和した炭素資源の高度利用法の原理確立は、次世代に向けて最重要な研究テーマの一つである。本研究では、ナノスケールの金属・金属酸化物微粒子を用い、炭素資源をクリーンエネルギーに効率よく変換できる触媒プロセスの開発を目指している。

北海道大学

焼却主灰中難溶性セシウムの存在形態

  • 研究者:工学研究院 准教授 東條安匡
  • キーワード:セシウム、難水溶性態化、アルカリ長石

福島原発事故以降に発生している放射能に汚染された廃棄物の内、焼却底灰中のセシウムは、難溶性である。本研究は、難溶性態として捕捉されているセシウムの固定化メカニズムを解明するとともに、その長期的な溶出可能性についての評価も行っている。

北海道大学

液中微粒子の集団性を利用した沈降・拡散挙動の制御

  • 研究者:工学研究院 准教授 原田周作
  • キーワード:微粒子、沈降、分散

懸濁液中に濃度差が存在することによって現れる粒子の集団性を上手く利用して、沈降速度を促進させたり、複雑流路中における粒子の分散挙動をコントロールするような技術を紹介します。

北海道大学

宇宙からの海洋性植物プランクトン探査

  • 研究者:地球環境科学研究院 特任准教授 平田貴文
  • キーワード:植物プランクトン、衛星観測、海洋

地球観測衛星を用いて、海洋に生息する浮遊微細藻類(植物プランクトン)を人工衛星より遠隔探査する方法を開発しています。現在、遠隔探査としては世界で最も多い分類グループ数(11 グループ)を定量観測する方法を研究しています。

北海道大学

土壌中の環境放射性核種追跡

  • 研究者:工学研究院 特任准教授 藤吉亮子
  • キーワード:環境放射性核種、深度分布、土壌ダイナミクス

土壌中に存在する環境放射性核種(222Rn、14C、40K、137Cs、210Pb など)を北海道、福島、スロベニア森林域でモニタリング。放射能レベルおよびその変動性を明らかにし、土壌(空気)のダイナミクス解明をめざす。

Return to Top ▲Return to Top ▲